2016/12/14

ドイツ的Xmasプレゼント

こんにちは!

 

アイントリットです☆

 

いよいよクリスマス目前ですね!

 

皆さん、もうプレゼントは用意できましたか?

 

友人や恋人・伴侶へ、はたまた両親や子供へとその送り先は様々ですよね。

 

私も日本に居た頃は毎年頭を悩ませていました…。

 

特に友人とのプレゼント交換では、毎年無難な『面白雑貨』でごまかす始末(笑)

 

しかしドイツ人にとって、『プレゼントに何を贈るか』は大した問題ではありません。

 

なぜなら、レシートをプレゼントと一緒に相手に渡すからです。

 

『え?!レシート渡すの?!渡してどうするの??!』

woman-1447082_640

 

日本人の感覚からすると、驚くこの習慣。

 

しかしこちらでは普通に行われていることなんです(^-^;

 

その理由は

プレゼントが気に入らなければ、返金して同額程度の気に入る品を本人が入手できるから。

 

…ドイツ人ってホントに合理的なんだね…(´・ω・`)うん…

 

合理的だけど寂しいよっっ!!!

child-crying-1735221_640

 

『例えあまり嬉しくない贈り物でも、贈り手の気持ちを大事に思う』ことが美徳とされる日本人には未知の領域ですよね。

 

そんなスタッフも、初めてドイツ人とプレゼント交換した折『レシートはグリーティングカードに挟んであるから、気に入らなかったら交換してね(*^▽^*)』と笑顔で言われて凍り付いた記憶があります。

 

冗談だと思って『折角選んでくれた物を交換なんてひどいことしないよ!!そんなことする奴に見えるの~?も~!』と答えて相手を困惑させてしまいました(笑)

 

ちなみに、レシートをつけてプレゼントを渡すのはOKですが、金券やギフトカードなど値段がそのまま表記されているものを贈るのは彼ら的に『あまりに趣がないからNG』なんだとか…。

 

何故…?違イガ分カラナイヨ(*_*;

 

これはほんの一例ですが、異文化交流はまさに未知との遭遇!

 

文化や感性の違いが多くて驚きますが、それでも学ぶこともたくさんあるので面白いですよね。

 

皆さんも是非、アイントリットのプログラムを通してドイツで異文化交流しませんか?

 

海外が初めての方でも、在独年数の長い日本人スタッフがサポートするので安心して滞在いただけます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください!

▲このページのTOPへ