filter

持ち物

このページではパスポートや航空券など必需品以外の、
しかしお持ちになった方が良いものをご紹介します。

  1. 証明写真2葉
  2. 現地でパスポートを紛失した際、再発行に必要となります。
    日本で3カ月以内に撮影したものが残っている場合は持っておいて損はありません。

  3. ジャケットとストール
  4. ドイツの緯度は日本の北海道と同等かそれ以上です!
    夏場でも木陰に入れば冷えますし、気温が下がる日もままあります。
    夏場であってもジャケット1枚とストール1枚はお持ちになって下さい。

  5. 貼るカイロ
  6. 冬に渡独される方は、是非カイロをお持ちください。
    ドイツの冬は日本人の想像を超えて冷えます。
    寒さに負けずにドイツを堪能するためにも、カイロは大きな助けとなります。

  7. 常備薬
  8. 解熱鎮痛剤や風邪薬・頭痛薬・整腸薬などはお持ちになって下さい。
    環境が著しく変化すると、普段は健康な方でも体調を崩すことがあります。
    『もしも』に備えて常備薬を数包持っていると安心です。

  9. 日焼け止め
  10. ドイツは高緯度に位置するため、日焼け止めを塗ることをお勧めします。

  11. エコバッグ
  12. ドイツでは基本的に有料の買い物袋しかありません。
    値段的には5~15セントと安価ですが、品質も値段程度ですので、使いまわしには向きません。
    ただしそれなりの値段で使いまわしが可能なエコバッグを売っているお店も多いので、思い出に現地で購入しても良いかもしれません。

  13. 口の閉められるバッグ
  14. ドイツでは観光客狙いのスリがいます。
    貴重品を失くさないためにも、口の閉められるバッグをお持ちください。

  15. 生理用品
  16. 急激な環境の変化でホルモンバランスが乱れて、予定外の時期に月経が始まることもあります。
    旅先であわてずに済むように、常に準備をしておいて下さい。

以上、スタッフの経験に基づくもっていくと便利なものでした。
万全の態勢でドイツを思い切り楽しみましょう!

▲このページのTOPへ